たかが母子家庭

母子家庭、シングルマザーって現状と上手く付き合っていきたいな、と。

保育園のママ、幼稚園のママ

息子の習い事で接するママさん達は、平日な事もあり幼稚園に通ってるご家庭がほとんどです。

私の個人的な結論としては、三年保育が始まる前年に戻れるのなら幼稚園に入れます。


息子は通ってる保育園が大好き。
親子共に不満を持つこと無く現在まできてるけど、ありがたいことだと思う。息子を取り巻く環境に感謝してる。


幼稚園でも保育園でも個々の家庭次第なのは当然だと思っているし、
同じ園もなければ同じ子供もいない。

幼稚園にも荒っぽい子はいるし、
保育園にも大人し過ぎる子はいる。

幼稚園にも放任主義のママはいるし、
保育園にも過干渉なママはいる。


常々不思議に思っている事があります。
小学校入学前の子供って、家族との関わりで主に伸びるんだと私は信じてて。
子供も親の雰囲気とか振る舞いとか真似るから、親次第だ!って奮い立たせながら育児してます。

親からの良い影響を、こんなに全面に反映させられるのなんて今だけだって思います。
子供が大きくなるにつれて、親が占める割合なんて小さくなる一方。今だけの、魔法みたいな技だと思ってます。


私は全然出来るママじゃないから、
あ〜キツく言いすぎた。とかしょっちゅうです。
子供が使う言葉に反省したことも数知れず。
いつもニコニコ笑ってる優しいママとは程遠いです。


園任せ、園次第、って姿勢のママって本心でそう思ってるのかな。そうだとしたら怖いな。むしろ責任転嫁であってほしい。


あ、幼稚園に入れる理由ですが。
子供の世界をじーっと見つめてられる時間が沢山あるじゃないですか^ ^
そんな親バカな理由です。

夕飯を食べる息子をじーっと見てたら、
「俺、おっきくなったよ!」と。
え、なになに??って聞くと、
「大きくなったな〜って嬉しそうに見てるからさ〜」
嬉しい会話でした^ ^

営業マン

社会人になってから、ずっと営業の仕事をしています。

道などを尋ねられること、見知らぬご年配の方に話しかけられることなんかが多く、所謂声をかけやすい雰囲気なんでしょうね。
それが大いに役に立ち、営業職を苦に感じることもほぼなく今まで来ました。


それが今、ちょっと決断を迫られてます。
営業ではなくIT部門へ飛び込むことになりそうで。
多少自宅での作業も出来、拘束時間は短くなるから母親としては最高!!
だけどネット用語すら馴染みがない私に勤まるのか??

スマホをはじめ、インターネットとは今後ずっと付き合っていく事は確実で。
苦手で〜とか、アナログなので〜とか言ってられないなとは感じていました。
それもブログをはじめた理由のひとつです。


何でもそうですが、知っているかどうかで違ってくることって沢山ありますよね。

ネットに明るくないことで損をしているでしょうし、知らないからその事にすら気づけない。

いろんな制度だって、知らないと利用出来ない。


私はつい得意な事、好きな事に偏りがちですが、色んなもの見よう、知ろうって最近思います。
息子の興味に付き合っていると世界が拡がります。それと同じなのかなと。


なんだか書いてたら気持ちがまとまってきました。ブログのいい所発見です。

タイトルなし

通勤中に読んでいる本に夢中になり、休みの今日、家で読みきってしまいました。
これは久しぶり!
通勤中に読む本は鞄に入れっぱなしなので、続きが読みたくて家で読むことってほぼないんです。


登場人物全てが魅力的でした。
普通の人で、魅力的。
きっとまた読むだろうな。


土、日のどちらかで集中して家のことを片付けたいんですが、今週末は中途半端になってしまいました。
食事もまな板を使わず出来るような簡単なものしか作ってません。

大人が自分ひとりの家。
意識して身体を動かさないと、どこまでだってダラダラ出来てしまいます。

明日は早起きして働こう。



周りの人達、シングルマザーって知ってますか?

シングルマザーとして子供の世界に関わっている方に聞いてみたい。

シングルマザーってこと、周りの人(子供関係)は知っていますか?


決して隠してませんし、むしろ言いたいんですが。
意外と告白するタイミングってなくて。


息子の習い事で知り合ったママさん達、うちがパパ不在だと知らない。
話題にもならないし、わざわざ「シングルマザーなんです〜」って伝えて、少なからず気をつかわせてしまうのも避けたい。


会話の中で「旦那」について質問されたら、
離婚して母子で暮らしてるんだ〜パパはたまに会ったりしてるよ〜会う時憂鬱だけど〜
とか言おう!って考えてるんだけど、夫婦の事って話題にもならないんだよね。


私の周りだけかもしれないんですが。
離婚て本当に増えてます??
「離婚なんて珍しくない」とか聞くようになって何年も経つけど、実感としてない。
子供がもっと大きくなってから数字が伸びるのかな?

三組に一組が離婚とかいうけれど、周りには皆無といってもいい程いない。
私自身が特に伝えていないのと同じで、言うタイミングもないし、って人もいるのかもしれない。


何故今日こういう内容なのかというと、お稽古の見学中にママさん二人の会話が聞こえまして。


ママ①  ◯◯ちゃん家、離婚して引越すんだって〜

ママ②  えっ…まじ?うわーこれから付き合いにくくなるよね…

ママ①  だよねー…お金貸してとか言われたら困るしねー…

ママ②  そうだよね、え、そしたらどうする?


……
うわ〜〜〜どうしよ。何だか居心地悪い。
って思ったよね。

でもさ、こういう会話を堂々とするってことは、そこの園でも珍しいって事だよね??

息子同士親しくしててさ。
映画観に行ったり、楽しくお付き合いさせてもらってる。

………
言いづらいな〜もう。

別居準備 つづき

毎日書く!を目標にしていたのですが、昨日は息子と一緒に寝てしまいました。

いつも夜は、
お風呂⇨絵本⇨寝かしつけ⇨
一人でのんびりDVDを見たり、お酒を飲んだりしています。
最近は一人で寝るって日も増え、おやすみ〜と寝室を出ることも。

手がかからなくなったな〜楽になったな〜
寂しくもあるけど、一人で過ごす夜って嬉しい!


さて、別居準備の続きです。

別居を考えてる誰かが読むかもしれない
と思うと、なるべく当時を思い出して内容の濃いものにしたい。
数年前の事ですが、思い出しながら書いていきます!


自分でやろうと決め、まずはどんなものかと、司法書士になる!みたいな本を買い民法のページを読みました。
当たり前の事しか書いてないんだけど難しそうに書いてあるな。
という印象で、慣れるまでは読み進めるのが苦痛でした。
慣れない単語を調べるために辞書を引くのも久しぶりのこと。

結果として、
別居にしても離婚にしても、自分のために民法の知識はざっくりとでもあるに越した事ないなって思いました。
もちろん金銭面に余裕がある方は専門家に相談しながら進めるのも良いかと思います。


それと並行して、地域で無料開催している「女性のための離婚」みたいな催しにも参加しました。
勉強しておかないと。って気持ちと、
参加したという記録を残したかった。

特にDVなどで離婚を考えてる方は病院で診断書を貰うだけではなく、
匿名参加じゃない行政機関の行なっているDV相談などに話を聞いてもらう等、悩んでいた記録も残すべきだと思います。

親権者として相応しくないであろう写真を撮って自宅以外にデータを保存しておいたり、
(相手が写っていない物や部屋の写真も、本人のものだと分かるような工夫は忘れずにしました。)

暴言が含まれるメールのやり取りなども全て保存したり(自慢できることでは到底ありませんが、暴言を引き出すため煽ったりもしました。とにかく自分の主張に沿うような発言を沢山集めました。)

当時の日記は、今読み返すと少し大袈裟かなと感じる程細かく、被害者意識多めに記録しました。

必ず親権を取りたいので必死でした。


そんな事を続けながら、3ヶ月くらいかけて別居の準備をしていました。

あの時揃えた色んな「元夫に不利であろう証拠」は現在まで使うまでもありませんでしたが、
精神的にお守りみたいなもので、日々堂々としていられます。


あとは公正証書を作り別居が始まるわけですが、
離婚に進むための別居なのか。
離婚を回避するための別居なのか。
それによっても内容は変わってくるかと思います。

現在は母子家庭ですが、私は後者でした。
なので期間等区切って作成したため、費用もそれ程かかりませんでした。


別居初日(引越日)、新しい狭い部屋で、とてつもなく不安になった話はまた他の機会に書きます。

別居準備

息子の妊娠が分かったとき、共働きでした。
産休ではなく退職を選びました。


妊娠がわかってから別居するまでの間、はじめての専業主婦。
今となっては、今後ずっと働いているでしょうし専業主婦って貴重な思い出です。

夫婦仲こそ悪く不満でいっぱいだったような気もするけど、
毎日のように子供と外に出て季節を感じたり、
公園で遊ぶ息子をずーっと眺めていられたり、
乳児期をゆっくりと一緒に過ごせたことには感謝しています。


別居期間は婚姻費用の分担請求をしていたので、週2日程度パートに出るという生活をしていました。


別居を考えた時、
幼稚園(三年保育)入園のタイミングまでは家庭で育てたかった私は、週に2日前後母にお願いしパートするのが理想だなと思いました。
スマホで「別居」とか検索して婚姻費用分担請求が出来るということを知りましたが、これ素直に支払うかな〜と。

◯万円お願いね。
分かった。

の口約束ではとても不安。むしろ口約束で安心出来る間柄なら別居してないだろうな。

婚姻費用分担の義務についてざっと理解した後に、確実に支払ってもらうための現実的な方法は公正証書作成だな、といきついて。
その公正証書の内容は、こちらに都合よく強制執行力のあるものにしたかった。
そのためには司法書士などに頼むのがスムーズなようで。(これ結構な費用が‥‥)

当時、今後のためにお金を使いたくなかった。
でも法律の範囲内で自分に都合よく作りたかった。
だってそれによって息子との暮らしぶりが決まる。
幼稚園入園のタイミングまではフルで働きたくない。

働く=嫌とかではない。
ただでさえ別居する事で生活がまるごと変わるから。
私はいい。
息子は慣れた家を出て、いつもの公園や児童館ともお別れ。
パパとだって離れる。
息子の世界すごい変化じゃないか、と。
その上、毎日ニコイチの様に過ごしてるママも働き詰めで側を離れるなんて。
働く理由がこれというのが納得出来なかった。


別居する事で、諦めなくてもいい事は諦めたくなかった。
私の場合は息子と過ごす時間。三歳神話のような気持ちもあった。
(今となっては、あの時は肩肘張ってたな〜どんな環境でもその親子によるよ〜と思います。)

法律の知識はないけど、司法書士も人のする事だし!と腹を括って自分でやる事にしました。

文章を書くのに時間がかかりすぎて夜中になってしまった!
眠たいので明日続きを書きます。

暴れたらいいと思うなよ

子供だけじゃなくて大人にも見かける。
切れる人。
怒鳴ってみたり、暴れたら何とかなると思ってる人。


最近息子が暴れます。
まだまだ可愛いもんですが、もう幼児というよりほぼ児童。
ギャーギャーと泣きわめけば何とかなると思ってほしくないのです。

暴れたらいいと思うな。
泣けば大人が言うことを聞くと思うな。
最近よく使う言葉です。


ギャンギャン主張されると大人が折れた方が楽なんですよね。
ガチャガチャしたい〜とか可愛らしい理由からですし。

楽なんですけど、落ち着いて自分の思いをわめくのではなく伝える練習に付き合えるのは親だからこそ、と思って堪えます。
面倒だな〜とかうるさいな〜と思いますが。


「他人の子供は躾がなっていてこそ可愛い。」(何かの本より)
この言葉好きだな〜。


我が子って可愛くて可愛くて、つい盲目になってしまう瞬間があります。


3歳までの育児が大切っていうし、私もそうなんだ!とか思って意識してました。
個人的には3歳までというより、思春期までは一緒に色んなこと学べるなと。
男の子だからか興味の対象も私にとっては新鮮で、一緒にはじめてを経験して驚いたり失敗したりしています。


男の子育児で父親不在の我が家、私は男性執筆のエッセイ(っていうのかな?コラム集のような類のものです。)が笑えて勉強になってオススメです。

最近だと星野 源さんの「そして生活はつづく」に大いに元気づけられました^ ^

育児書も参考になりますが、男性目線のくだらな面白い、女性にはない部分でのお馬鹿具合が愛おしい、こういう読み物に救われています。
本ってすごい!


ブログをはじめて3日、
文章を書くお仕事をされている方は凄いな、と改めて感じています。